読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SAR オフィシャルブログ

音楽ユニット SAR のオフィシャルブログです。もちろんメンバーが更新します。

歌声よ響き合って 言葉も超えて にごった僕の罪を砕いてくれ

まだ若干左耳に違和感があります、堀です。

 

ちょっと前にチョコレートの話をしましたが、今はキャラメルに浮気中。チョコレートよりも食べた感があって満足できる。素晴らしいよキャラメル。チョコレートよりもキャラメルの方が言葉の響きも良い。

要するに甘いものが好きなんです。なんだか、優しく頭を撫でられているような気分になる。

 

〜実はソロでライブやってきました〜

はい、先日、渋谷サイクロンで。いつもお世話になっているkeiさんの企画への出演でした。

正直僕自身のパフォーマンスは全快ではなかったのですが、それでもみなさん楽しんで喜んで頂けたようで、良かったです。

彼女は僕の「特急列車」という歌をいつも良い曲だと言ってくれて、本当に嬉しいです。書いた甲斐があるってもんです。

 

〜sarはしばらく制作期間になります〜

僕がしばらく拠点を離れるので、それに合わせて制作期間をとります。

今後の路上ライブへの準備だったり、中途半端な(本間の)デモを(堀が)曲としてまとめる作業。そして堀は堀の曲を作ります。

その間は、遼クンにもバンバン曲書いてもらって、歌とギターの練習に専念してもらいましょ。笑

 

〜ハモる、ハモラー、ハモレスト〜

自分以外に人の声に自分に声を重ねるとは、なかなか難しい。今までは自分の声に重ねることしかしてこなかったから、思いもよらぬ課題だった。

 

コーラスというものは、基本的に目立ってはいけない。だからできるだけ無機質な方が良いし、個性は消した方が良い。

これが大変だった。キチンと歌に真面目に取り組んだ人ほど、色付けしないでノッペリ歌うことは難しいんじゃないかと思う。

 

本音を言うと、コーラスに関しては多少揺らぎを補正した方が綺麗になると思っている。

どれだけ抑えて歌っても、人の声には揺らぎがある。だからコーラスの音量を確保しつつ存在感を消すには、これが一番良い方法だ。(堀Pミキシング講座)

声を補正するのは抵抗がある人も多くいると思うので、これに関しては反対意見はいくらでも受け付けます。

 

僕は結構コーラス入れたがる人間なので、今後もこれらの苦労は続くでしょう。

理想でいうと、スピッツの崎山さんみたいな。

 

こういう向上心のようなものも、欲のひとつ、ないものねだりなのでしょう。