読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SAR オフィシャルブログ

音楽ユニット SAR のオフィシャルブログです。もちろんメンバーが更新します。

揺れる 震える 変わる

堀周平

2011年3月11日。

 

地震発生当時、僕は部活中だった。

静岡だったけど、大きく揺さぶられるような感じで、一分以上揺れた。何とも言えず怖かったな。

遠くの方の地震だということはすぐに何となく分かったけど、その場では詳しくは知ることは出来なかった。SNSも今程発達してなかったし、そんなにひどいモノだとは予想もしなかったことだったから。

何が起きているのかを知り、ことの重大さを理解したのは家に帰ってからだった。

 

崩れ落ちた街。逃げ惑う人々。そして、迫り来る、あの津波

あの信じられない津波の様子を、僕らはニュースの中継で目の当たりにした。こういう言い方が正しいのかは分からないが、映画で見る映像だった。それらが今現実に起こっているなんて到底思えなかった。

 

でもかろうじて、刻一刻と迫る危機、人々の緊迫した様子は感じることが出来た。

 

 

あの日から日本中が一変した。

 

そして、

今でも変化は続いている。

良い方へ変化していることも多いけれど、悪い方向へ変化してしまっていることも多い。

 

"震災から6年"ではなく、"震災が起きて6年目"なんだ。

あの日は、まだ続いています。

節目なんてあるわけがない。

 

 

あり得ないことは、必ず起こる。

 

僕らはそれを分かっているはずだ。

 

僕らが、変えるんだ。

春の日のバラード

堀です。

 

花粉の舞う季節。

なんで人間は花粉に対して万全な抵抗を持たないのか。

なんで花粉症なんてモノが発症する人がいるんだ。(僕も含め)

人類の歴史の中で花粉との戦いも長かったはず。

花粉にもっと強い免疫ができていても良いんじゃないか。

全く、生物の進化というモノはあまり賢くは出来ていないみたいだ。

 

人類がこの季節に卒業したいのは間違いなく花粉だろう。

 

ほらまた、色付いた風が僕にクシャミを運んできた。

どうせ同じ風なら、誰かの涙を乾かした方が喜ばれるぞ。

小沢健二 〜偉大なる復活〜

堀周平

かつての小沢健二が帰ってきた。

というか、再開と言った方が正しいのだけれど。

 

何時の日からか、実在すら怪しまれるような、謎のミュージシャンのように語られるようになった。

人気のまっただ中にパタッと姿を消し、時々思い出したかのように様々な形で姿を現してきた。

今回も、ちょっと活動してまたパタッと姿を消すかもしれない。

でも、願わくば、

今の音楽シーンに、彼の強い言葉をもっとたくさん投げかけてほしいと思う。

音楽の火を、もっと大きく、熱いものにして欲しい。

それでも、小沢健二を知っている人は、小沢健二を待ち続けるだろう。

今回のシングルのセールスは、それを裏付けるものとなった。

かつての、あの時の小沢健二が、また動き出した。

 

春にして君を想う

 

桜の開花のような喜びだ。

 

そうこうしているうちに、光る海が見えてきた。

 

 

あい

堀周平

西へと向かう たび

幾度となく訪れた まち

逸れないように

遅れないように

急ぎ足

勇み足

ずっと先

もう見えない

 

きみ

 

せかい

 

あい