読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SAR オフィシャルブログ

音楽ユニット SAR のオフィシャルブログです。もちろんメンバーが更新します。

0本の花束

0(ゼロ)という考え方は、0以上( 0< )の存在があって初めて成り立つ。

"何もない"だけではあり得ないものなんだろう。

その逆も然り。1も、10も100も、果てしなく大きい天文学的数字でさえ、

0が存在する今においては、0がなければ意味を成さない。

 

ひょっとすると0は、最小の数字なのではなく、何よりも大きな数字なのかもしれない。